発達障害者の就労と生活シンポジウム|福山市の整体院|腰痛、肩こり、頭痛、眩暈、動悸、冷え性など

福山市の山口カイロプラクティック院

予約優先 0849638135
メールでお問い合わせ
[営業時間]9:00~20:00 [定休日]不定休

ブログ

発達障害者の就労と生活シンポジウム

ブログ 2019年02月04日

福山市腰痛、頭痛、自律神経失調症でお困りの方を元気にする
山口カイロプラクティック院です

 

昨日、広島市で開催された

 

発達障害者の就労と生活シンポジウムに行ってきました。

 

カイロプラクティックと発達障害と何の関係?

 

実は、次男に発達障害があります

 

広汎性発達障害 自閉症スペクトラム

 

学習障害などまさしくグレー

 

今回参加の理由は、就労と生活

 

特に就労!発達障害を持った人達が

 

どのような仕事に就いているのか

 

が知りたかったのです

 

パネリストの方も分野を超えて

 

医療 教育 企業 支援センター 当事者

 

それぞれの分野からの情報、考え、意見が

 

聞けて参考になることがありました

 

特に当事者の方の経験談には体が震えました

「当事者の行動には理由があるので多方向から見てほしい。」

「また、休憩室から出られないのは、精神的にキツイのかもしれない。」

「トイレから出られないのは気分転換かも…」

「周りがみれば困った行動かもしれないがそこには理由がある。」

 

息子の今と将来をよく考えることができそうです

 

現実問題として今の社会において安心して働くことができるシステムがあるのかというと

 

まだまだですし反対にシステム自体必要なのかどうか?

 

システムや枠組みができることでそこからはみ出す人も出てくるでしょう

 

そうなるならば、システムや枠組み支援を期待するだけでなくやはり自立する力を身につけないと…

 

その為になにが必要なのか

 

自分の特性を知ること?学習?コミュニケーション?

 

思いついたことをやってみよう!

 

息子がストレスを感じないように

oznor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ